歯を白くしたい【審美歯科】

白い歯で印象をアップさせましょう

審美歯科治療は、金属の詰め物を白くする、被せ物を審美性の高いものに変えるというだけではありません。周囲の歯肉との調和、歯の形態、咬み合わせ等、多くのことを考慮しながら行います。また、治療直後の状態をいかに長く保つか、ということも重要なポイントです。
白く輝く美しい歯に整えることで、お顔の印象をアップさせましょう。

詰め物・被せ物をする前に

審美治療は見た目を美しくする治療法です。しかし見た目がよくなる詰め物や被せ物をするだけでは根本的な治療にはなりません。

お口の中をチェックしてみましょう

詰め物・被せ物をする前に、土台となる歯のむし歯をしっかりと治療しなければなりません。特に、神経の痛みをともなっているむし歯は、きちんと直さないと再治療になってしまうことがあります。

取扱素材紹介

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を組み合わせた素材です。天然歯と同等の強度を持つため、欠ける心配はほとんどありません。見た目はオールセラミックよりやや劣るものの、自然な仕上がりを得られます。

メタルボンド

金属にセラミックを焼き付けた被せ物専用の素材です。外側がセラミックなので変色せず、内側は金属でできているため強度が高く、奥歯にも向いています。土台の金属によっては金属アレルギーを起こす可能性があることや、裏側から金属が見えるなどのデメリットもあります。

オールセラミック

セラミックのみでできた素材です。自然な透明感があり、ほとんど変色しません。金属を使用していないので金属アレルギーの心配もありません。ただ、本物の歯より堅く、まれに欠けてしまうこともあります。

銀歯は金属アレルギーを引き起こす可能性があります

実は、銀歯は金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。歯科治療で使用されている金属はいわゆる合金で、いろいろな種類の金属が含まれています。ご自身のアレルギーの原因物質が分かっていて、不安などがある場合はご相談ください。

ページの先頭へ戻る